上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |

埋もれてたフォルダの底からサルベージしてきた絵。
たぶん自画像?



HP更新しました。
創作のほうには手ブロのログやら改装前に載せてたものの一部やら何やらを、
擬人化のほうにも今までに描いたものをアップしときました。
新しく描いたのはないはず(描いて載せ忘れてたのはあるかも)。

HPつくったり改装したりするのは楽しいんだけどアップロードとか絵のページを何枚も作るのはめんどくさいことこの上ないよね。
いっそのことブログにあげてけばいいんだろうけどそしたらHPつくった意味がないよなあ。うーん悩むわ
スポンサーサイト
2010.01.24 | 雑記 | Comment:0 | TrackBack:0
おめでとうございます。

更新しなきゃなあと思っているうちに年が明けました。なんてこったい。

そんなに放置してないような気がしてたけど9月から全然更新してなかったね。
ざっと3ヶ月ちょい?ホントに駄目だねorz

でもこれから就活で忙しくなってくるのでずっとこんな調子かも。

ハロウィン絵もクリスマス絵も描きたかったけど間に合わず。うう…就活なんて嫌い…。

紙にはいっぱい落書きとかしてるんだけどなあ。スキャンめんどい。




ちょっと遅いですが今年の年賀絵。
ホントはサイトのほうにあげたかったけど作業がめんどくさいのでブログの方に。

レースとかいろいろがんばったけど縮小したらぜんぶ潰れたよ!
2010.01.06 | 雑記 | Comment:0 | TrackBack:0
設定メモその2。
手ブロに描いた人+α
atori.jpg

年齢は見た目。
花鶏は緋睡の従姉妹で新米の死神。
年齢は緋睡と同じだけど容姿は死神になった時(死んだ時?)から変わってない。
ちょくちょく仕事の合間に緋睡のところに遊びに来ている(たまに様子を見ないと色々と心配だから)。
大瑠璃のこといなくても気にならないけど一緒にいたらいたで楽しいし急に押しかけてきても別に困らない程度には好き(よくわからない…)。

大瑠璃は花鶏の上司の上司のそのまた上司(つまりはとっても偉い人)。
花鶏さえいればその他のことはどうでもいい。花鶏バカ。
担当地区違うくせに花鶏に仕事をサボって会いに行く(仕事は部下に押しつけ。でも偉い人なので誰も文句は言わない。同僚達は生暖かい目で見守っているとかいないとか)。
2009.09.26 | メモ | Comment:0 | TrackBack:0


ワガママな上司とそれに振り回される優秀なのに苦労の多い部下コンビ。
私はこういう組み合わせが好きなんだと最近気づいたよ。
ていうか可哀想なのが好きなだけ(ry

職(?)とか名前とか性格とかメモ。

右2人
導師:アイゼル・ハーミット>>12歳くらい、145センチ前後。
子供なので超ワガママ。やるといったらやるのよ。
日がな一日アヴァロ(神様)とお茶飲んだりお菓子食べたりお昼寝したり悪戯したりして過ごしている。
(もちろん、信者の見てないところで)
飽きたら教会を抜け出してあちこち首を突っ込んでたりする。下手すると国の外まで出ちゃう。
導師の守護役:ミハイル・バース>>23歳、180センチ弱。階級は元帥。
性格は紳士(でも女の子)。人の頼みは断りきれない。
アイゼルが居なくなる度に捜索に出されるのにはほとほと困っている。もういっそ仕事やめたいとか思ってる。
でもアイゼルのお気に入りなので解放してもらえる日は当分来ない。

左2人
魔族の女王:エル・ガ・ヴァリディ・イーシャ>>年齢不明(見た目25前後)、160センチちょっと。
使えるものは何でも使え。世界は私の為にあるのよ?
これでも世界のために働いてる。らしい。
常にドS全開。可愛い子ほどいじめたくなる。
お抱え魔導師:ロノ・バルトフェン・イー>>年齢不明(見た目25前後)、170センチ強。
来るもの拒まず去るもの追わず。リディの事はもう諦めてる。
リディの命令で他国にお菓子買いに行ったり、珍しい道具探しに(名目上は危険な任務)に行かされている。
退屈しのぎにわざと振り回されたふりしてるのかも?
2009.09.20 | メモ | Comment:0 | TrackBack:0
手ブロに描いた二人。
設定メモ。


2人は幼馴染。
緋睡は椿たちが通ってる大学の養護教諭。
超ネガティヴ思考というか、自分に対しての自身が皆無というかそんな感じ。
(でもなにやらせても器用にこなす。それも完璧に。本人にその自覚はない)
そんななもんで自殺癖がある(最近は落ち着いてきている)。
あと裁が人形師なのに白衣着てるのは緋睡が着てたのを奪ったから。

「やあやあ久しぶりだね。相変わらずのネガティヴ思考で何よりだよ。
ところで緋睡、君なかなかいいもの着てるじゃないか。
ちょうど白衣が欲しいと思っていたところなんだよ。ねえ、僕に譲ってくれないか?(上目遣いで)」

なんていってゴリ押しで奪ったに違いない。
でもなんだかんだ言って緋睡を内心やきもきしながら見守ってるといい。
2009.08.22 | メモ | Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。